東京への単身赴任が決まったときに利用した1BOXのレンタカー

長らく関西エリアに勤めていたのですが都合によって東京への単身赴任が決まりました。そのときに必要な荷物を運ぶのに1BOXのレンタカーを使用しましたが、これは引っ越し業者を利用する場合も含めて比較した結果です。レンタカー比較をしているうちにやり方も当初とは違うものを選びました。

単身赴任に必要なものを運ぶだけなら費用対効果が高いレンタカー

東京への単身赴任に必要なものをどのような方法で運ぶかについて三つの候補がありました。引っ越し業者に依頼する方法、自分が先に移動してしまって家族に宅配便で送ってもらう方法、そしてレンタカーを借りて運ぶ方法です。

この三つの中で費用対効果が高そうだと考えたのがレンタカーを借りて運ぶ方法でした。どうせ東京には移動しなければならないので荷物と一緒に自分も移動できてしまうに越したことはありません。そうすれば東京までの新幹線代も浮くので結果として費用が最も安くなるのではないかと考えました。そして、レンタカー比較をしてどの車を借りれば十分に荷物を運べるかと調べた結果として選んだのが1BOXです。

 

当初考えていたレンタカーで荷物を運ぶ計画と比較中に決めた変更点

1BOXのレンタカーを借りて東京に単身赴任に行こうと考え始めた当初は、東京に行くときには妻に同乗してもらう予定でした。帰りは妻に運転してもらってレンタカーを返却してもらわなければならないと考えていたからです。

しかし、レンタカー比較をしているときに知ったのがワンウェイで借りられるということでした。ワンウェイ料金がかかるのは確かですが、高速道路の料金やガソリン代を考えると決して高いものではありません。そのため、一人で東京に運転していって近くの営業所で返却する計画に変更しました。ここまで決めて引っ越し業者などを利用するのと料金比較をしてみると、やはりレンタカーが安いとわかって予約手続きをしたのです。

ワンウェイでレンタカーを予約したことによって得られたメリットとは

1BOXをワンウェイで借りた結果として東京に到着してからもメリットがありました。レンタカー比較をしていたときに借りる時間について悩みましたが、6時間では渋滞すると間に合わないけれど12時間あれば余裕と考えて12時間にしたのです。これによって東京についてから1BOXに乗って家具や消耗品を買いに行く余裕が生まれました。

ワンウェイにしていないと帰りの渋滞のリスクもあるのですぐに出発しなければならず、このような買い物はできなかったと思います。大きなスーパーとホームセンターに行って色々なものを買い込みましたが、そのお陰ですぐに生活を起ち上げることができました。このような引っ越しのときにはワンウェイが便利だと実感した経験です。