東京で引っ越しするために費用を抑えて借りた1BOXレンタカー

1BOXのレンタカーを借りようとしたのは自前で引っ越しをしようと考えたからでした。大した距離はない東京都内の引っ越しだったので友人に手伝ってもらえば簡単だと考えたからです。費用を抑えるのが最大の目的だったのでレンタカー比較を徹底的に行いました。

引っ越しの荷物の量を考えて最も適切な大きさだとわかったのが1BOX

東京都内で引っ越しをすることになった際に費用を抑えたいという目的でレンタカーを借りて自前で荷物を運ぶことにしました。幸いにも腕っ節の良い友人がいたので、協力してもらえばそんなに苦労なく引っ越しができるだろうと考えたのです。友人と二人で簡単に引っ越しをするために重要になったのは車種選びでした。家具家電付きのマンションに住んでいたので運ぶものはあまり多くはなく、大まかに見積もってみると1BOX程度の大きさが最適だとわかりました。そこで、レンタカー比較をして1BOXを最安値で借りることができるレンタカー会社を探すことにしたのです。都内ということもあって選択肢は多かったので比較候補は多数ありました。

単価は高めでも割引を使うとコストパフォーマンスが高い1BOX

1BOXを借りるのは初めてだったのですが、通常の乗用車や軽自動車に比べるとレンタル料金の単価が高いのは確かでした。レンタカー比較をするときに、最初は他の車種を借りていたときと同じようにして単純に単価の比較をしていたのですが、どの会社を選んでもそれほど大きく違わないというのが結論になりました。そのときに気づいたのが割引の適用によってかなり安くなるのではないかということでした。東京には会員になると割引になるレンタカー会社がいくつもあったので、その割引料金で比較をしてみたところ、大幅に安くなる会社が見つかりました。単価が高いからこそ割引を適用すると差が大きく、コストパフォーマンスが高くなるとわかった一件でした。

引っ越しのために1BOXを借りる上で気をつけたのは借りる時間

東京で1BOXを借りる上で気をつけたのは借りる時間でした。営業所で借りて自宅に到着し、荷物を積んで引っ越し先で下ろし、さらに営業所に行って返却するというのにどれだけ時間がかかるかが問題だったのです。6時間か12時間という微妙なところでしたが、それだけで数千円の違いができるので悩みました。レンタカー比較をした結果として6時間料金と12時間料金で最も安くなるレンタカー会社が違うという点も悩みどころでした。交通渋滞が起こるリスクも考慮して12時間で借りておけば安心という結論に達しましたが、結果的には荷物を下ろし終えた時点で6時間を少し超過してしまっていたのでこの選択が正しかったと思います。

Follow me!